レポート

そうだ!高尾山へ行こう!2018 参加レポート

今年の高尾山イベントに参加してくださった方のレポートをまとめました。
いずれもFacebookのご自身のタイムラインに載せてくださっています。
写真は一部抜粋で使わせていただきました。

ヨガは自分探しの旅
先週末のヨガ放浪は‥
『笑楽美』主催
「そーだ!
高尾山に行こう!
ヨーガも、精進料理も、護摩行も。2018」です。

Maki Aoさんが主宰する『笑楽美』
東北をはじめ、被災地のヨガ、健康、音楽、食などのイベントを通して復興支援をするボランティア団体です。

大震災の時
サラリーマンだったマキさんは
被災地の混乱ぶりを見るだけで
何も出来ない自分に不甲斐なさを感じ
居ても立っても居られなくなりました。
被災地の困っている方達の復興支援を
なんとしてでもしたいという気持ちで
一念発起したそうです。

今回以前から気になっていた
『笑楽美』のイベントについに
参加することが出来ました。

雨の中☔️
京王線高尾山口駅に待ち合わせ
知ってる顔もパラパラいましたが
比較的初対面の方が多く少し緊張しました。
雨のため登りはケーブルカーを利用
降りて15分歩き
高尾山薬王院に到着
行基が開祖と伝わる古刹です。

リレークラスヨガを1時間半
フィナーレは全員で輪になっての
ヴォルクシャーサナ
ガルーダーサナ
ヴィラバドラーサナIII
トリはウッカタアーサナで締めくくり。
皆で楽しくヨガをして
すぐにうち解け合いました❤️
広い部屋の畳の上でのシャバーサナが心地よかったです

次に
福島県いわき市在住で
大震災を経験された坂本さん
(通称 マー坊さん)の話をお聞きしました。

50年前に炭鉱が閉鎖し
主産業不在となったいわき市。
2011 3 11 突然に襲ってきた
震度6の大地震
いわき市小名浜港の津波シーンをワンセグで見て確認したのですが、海から20km離れており
にわかには信じ難かったそうです。

自宅周辺は
津波被害は無かったものの
その後
避難勧告
停電 食料や物資不足
信号麻痺 大渋滞
特に水の供給が大問題で、場所により
復旧まで最大1ヶ月かかったそうです
翌日給水車が学校にきたものの不便な状態が続きました。

更に原発事故のニュースが届き
地域の人々は離散。
町から人がいなくなり、
ボランティア人口が地域住民より多くなったり、
物資が全国から届くものの
必要なものが必要な時に供給されず、
また逆に在庫を抱えてしまい
ちゃんと配られていないなどの
批判を浴びることになったり、
風評被害で農作物が売れなくなったり
火事が発生したり‥
まさに次から次へと
難題が吹き荒れるような状態が
何年にも及びました。

最近廃炉が決定
しかし20km範囲内は今だに帰宅困難地域です。
未だに家に帰れない人がいる傍ら
逆にもう故郷に帰りたくないという人もいて、
まさに十人十色
個人個人の温度差が大きく
震災の影が落とした影響は
計り知れず重いものがあります。

マー坊さんは震災当時、
鉄鋼を作る工場勤務でしたが、
ボランティアの人たちの真摯な姿勢に触発され、会社からの転勤辞令を蹴って退職
現在はいわき市の元禄8年創業の老舗旅館古滝屋で働き、
ボランティア活動を続けています。

精進料理に舌鼓をうち
休憩時間には高尾山山頂へ
その後護摩焚きに参列
幻想的な炎に🔥神聖な気持ちが呼び起こされました。
帰りは雨が上がり
徒歩で帰路に
途中滅多に見られない霧が出て
幽玄な雰囲気🌲🌳の高尾山を楽しみながらの下山でした。 @ 高尾山山頂

Reported by 金光裕幸さん from Facebook

笑楽美のイベント高尾山に参加しました!🤗

登山
ヨガ
精進料理
護摩行

雨天の為、登山はできませんでしたが、
来年は登れますように♪( ´▽`)

ヨガと音楽を通じて、支援地に繋げている団体が、笑楽美です✨

今回は、いわき市の古滝屋から、
マー坊が駆けつけて、3.11の話と、
いわきのお話をしてくれました。

7年経って私も思い出した。
何かしに行くので、お休みください!
と上司に頼んだら、
あなたは仕事しなさい!
と本気で怒られた事を。。。_φ( ̄ー ̄ )

マー坊は、地元に残って
ボランティアに来てくれた人達と活動をし。
安定した仕事も辞め。
それでも地元で、復興にずーっと携わって、
なんとか、いわきの為に!
と今でも一生懸命頑張っています。

他にも色々頑張っている人達は居るんだけれど。
他にもあちこちで被災があるんだけれど。

目の前にある、当たり前の事をしてるだけだよ!
みたいな人間性が素晴らし過ぎて
美味しい精進料理を食べながらも
胸がいっぱいで、
平和ボケしてしまってる自分に反省しました。

が、しかし。

噂のこの精進料理、
期待以上にとっても美味しくて、
完食しちゃいました😋けど!

7年が1つの区切りで、
引き上げるボランティアも多いと聞きました。
それでも、忘れないで
想いを馳せる事が大事なんだと思う。

地に根を張っていわきを盛り上げている
マー坊の力が、あちこちの被災地の
希望の光となって、届きますように✨

元気と笑顔が、笑楽美を通じて、
沢山の人の元に届きますように💖

一緒に遊んでくれた皆さん
有難うございました❤
楽し過ぎました🤗‼️

今後も各地での災害で、
被害が少ない事を願います。

Reported by Shiomi from Facebook